薬剤師も英語が必要なケースがあります

とある調剤薬局で、薬を待っている時の話です。
そこは、調剤薬局の中では比較的店舗が大きく、老若男女問わず、いろんな年代の方が薬を待っている状態でした。
そんな訳で、待ち時間があるのは承知の上ではありましたが、これだけは勘弁してもらいたいということが…。

小さなお子さんを連れた、30代くらいの親御さんでしょうか。
周りを気にせず、スマートフォンで話し(昔のように、そこまで規制をされている訳ではないでしょうが)、終わったかと思えば、次は画面操作に夢中で、お子さんには一切お構い無し。
お子さんが、土足でソファーに上がろうが、陳列されている商品を乱暴に扱おうが、それに対して叱ることも諌めることもなく、無関心なのか、本当に気がつかないだけなのか分かりませんが、見ていてとても不快な気分になりました。

挙げ句の果てには、商品を壊し(箱に入っている商品で、中身を出してしまったみたいでした)、さすがに親御さんも気付かれたのか、薬局の方に対して謝ってはいらっしゃいましたが、買い取りを申し出ることもない。
嘘でしょ?!と、呆れてしまいました。

その後、結局代金を支払ってはいたようですが、そもそも、ちゃんと目を配っていれば、このようなことにはならなかっただろうし、状態の程度はあれ、体調が悪くてその場にいる方がほとんどな訳で、もう少し配慮して欲しいなと思いました。
中には、本当に感心しきりのお若い親御さんもいらっしゃいます。
大概、そういった親御さんのお子さんは、落ち着いて待っていられる訳ですが、そうじゃない方に限って、こちらからお子さんに声を掛けると怪訝そうな表情になり、こちらが嫌な思いをするだけですし、それなら必要最低限のことはして欲しいものです。

そして、最近の調剤薬局では、日本語が話せない患者さんもたくさん訪れます。
もし、英語しか会話が出来ない親子がこのような迷惑行為を行ってしまうと、薬局側としては注意や対処のしようがありませんよね。
勿論、注意だけではなく、英語でおくすりの説明が必要な場面もあります。

わたしの知人に、バイリンガルで薬剤師免許も持っている方がいます。
「英語を活かせる薬剤師の求人ってあるのかなぁ」といろいろと探していたら、こちらのサイトにたどりついたそうです。※英語を活かした薬剤師求人をお探しの方はコチラ⇒http://xn--gmq12gpyni9ntx0a0odkxk.com/
その後無事に、英語を活かせる薬剤師の職場の仕事が決まったそうですよ。

わたしは相変わらず、同じ薬局に行っておりますが、今のところ、あれ以上のインパクトのある出来事に出くわしてはおりません。
一体、あの親子は何だったんだろうかと。
いつか子どもが出来ても、わたしはあのようにはなりたくないなと、強く思う出来事でした。

カテゴリー: ブログ   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>