月別アーカイブ: 5月 2017

転職サイトのおかげで産後復職も難なくクリアしました

職員が妊娠した時に、もっと思いやりの気持ちを持ってほしいな・・・と思ったある出来事についてお話します。 ベビーラッシュがやってきました。 既にうちの病棟で一人妊娠している人がいたのですが、昨日の朝礼で他のナースでも一人妊娠していることが判明しました。 それでみんなで妊娠おめでとう、という話になったのですが、色々話をしてみると、実は他の病棟でも妊娠中のナースがいることが発覚。 療養病棟で一人、上の病棟で一人、ここの病棟で一人と、病院全体で四人も妊娠中のナースがいることが判明しました! 女性の多い職場だから、タイミングが合う時だってあるんでしょうけれど、それにしてもすごい! かくいう私も半年ほど前に出産したところなので、私も含めれば五人です! 本当にベビーラッシュ! しかし、こうなると問題になるのが人手不足です。 ただでさえ病院はどこも人手不足と言われているのに、最低でも今年中に四人が産休に入ってしまうことが確定したわけです。 私はもう子供も三人目だし、早く働かないと生活がやっていけないということですぐに復帰しましたが、妊娠している方のうち二人は初産みたいですし、私みたいにすぐにお仕事に戻るのはちょっと大変そう。 他の二人にしたって、すぐに職場に戻ってくるかどうかは、自分や子供の体調にもよるだろうし、妊娠がいけないことではないけれど、人事をどうするかで上の方々は困っているみたいです。 女性の職場だからといって、必ずしもみんな妊娠に理解があるというわけではないようで、「なんでこの人手不足なのに妊娠なんてするの!」って直接上から言われた人もいるみたいです。 私が言われなかったのは、当時はスタッフの人数がいたからなのか、私が好かれていたからか…。 産後復職のときに、こちらの転職サイトでお世話になったのが良かったのかもしれません。 ⇒⇒⇒⇒⇒看護師 求人 函館 今働いている病院は、産後のときとはまた別の病院なんですけどね。 こんな酷い事をいう方もいるんです。前の病院の方が、人柄は皆さん良かったかなぁ・・・。 なんだか嫌な気持ちになってしまいます。 人手不足なのは分かるけれど、医療職ってそもそも、思いやりの心を持っていないと成立しないものです。 いくらお仕事だからって、お金の為と割り切ってやっているわけではありません。 ナースってみんな、誰かの為になりたいと思ったから、ナースって仕事を選んだんだと思います。 それなら、周りのスタッフとか、部下のことだって思いやってほしいなぁ、って思うんです。 何にせよ、妊娠はおめでたいことです。 自分のことでもないのに、なんだかうきうきしちゃいました。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ