カテゴリー別アーカイブ: 未分類

転職サイトのおかげで産後復職も難なくクリアしました

職員が妊娠した時に、もっと思いやりの気持ちを持ってほしいな・・・と思ったある出来事についてお話します。 ベビーラッシュがやってきました。 既にうちの病棟で一人妊娠している人がいたのですが、昨日の朝礼で他のナースでも一人妊娠していることが判明しました。 それでみんなで妊娠おめでとう、という話になったのですが、色々話をしてみると、実は他の病棟でも妊娠中のナースがいることが発覚。 療養病棟で一人、上の病棟で一人、ここの病棟で一人と、病院全体で四人も妊娠中のナースがいることが判明しました! 女性の多い職場だから、タイミングが合う時だってあるんでしょうけれど、それにしてもすごい! かくいう私も半年ほど前に出産したところなので、私も含めれば五人です! 本当にベビーラッシュ! しかし、こうなると問題になるのが人手不足です。 ただでさえ病院はどこも人手不足と言われているのに、最低でも今年中に四人が産休に入ってしまうことが確定したわけです。 私はもう子供も三人目だし、早く働かないと生活がやっていけないということですぐに復帰しましたが、妊娠している方のうち二人は初産みたいですし、私みたいにすぐにお仕事に戻るのはちょっと大変そう。 他の二人にしたって、すぐに職場に戻ってくるかどうかは、自分や子供の体調にもよるだろうし、妊娠がいけないことではないけれど、人事をどうするかで上の方々は困っているみたいです。 女性の職場だからといって、必ずしもみんな妊娠に理解があるというわけではないようで、「なんでこの人手不足なのに妊娠なんてするの!」って直接上から言われた人もいるみたいです。 私が言われなかったのは、当時はスタッフの人数がいたからなのか、私が好かれていたからか…。 産後復職のときに、こちらの転職サイトでお世話になったのが良かったのかもしれません。 ⇒⇒⇒⇒⇒看護師 求人 函館 今働いている病院は、産後のときとはまた別の病院なんですけどね。 こんな酷い事をいう方もいるんです。前の病院の方が、人柄は皆さん良かったかなぁ・・・。 なんだか嫌な気持ちになってしまいます。 人手不足なのは分かるけれど、医療職ってそもそも、思いやりの心を持っていないと成立しないものです。 いくらお仕事だからって、お金の為と割り切ってやっているわけではありません。 ナースってみんな、誰かの為になりたいと思ったから、ナースって仕事を選んだんだと思います。 それなら、周りのスタッフとか、部下のことだって思いやってほしいなぁ、って思うんです。 何にせよ、妊娠はおめでたいことです。 自分のことでもないのに、なんだかうきうきしちゃいました。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

婚活サイトで出会った高飛車な女の話

とある高飛車な女性N(36歳)はその性格ゆえに人間関係を築くことがうまくできず、職場を点々としていた。今回入社した会社もわずか10ヶ月ほどで退社。そろそろ、歳も歳なので、結婚のことも考えていたが、なかなか出会いは無く、彼女は親の知り合いの進めでお見合いをすることにした。 相手は、2つ年上のK。職業は税理士。身長も高く、イケメンとまではいかなくともさわやかな好青年だった。 物腰も柔らかく、考え方も大人。 周りの人から、外での仕事は向かないと言われていたN。 Kさんは結婚したら家庭に入って、家をしっかり守っていってほしいと言ってくれた。 デートを繰りかえすうちにKはどんどんNに惹かれていったが、一方のNはどうしてもKに対して好きという感情が生まれない。 一生一緒にいるにあたって、愛情も感じたいと思っていたNは、世間から見たら引く手あまたであろうKに何か物足りなさを感じていたのだ。 デートするたびに感じていた物足りなさ、それはチョイ悪な部分とでも言おうか。 Nは若い頃かなり荒れていて、家にも帰らず荒れていた時期があった。 その頃に付き合った男はいずれも、いわゆるヤンキーじみた男ばかり。世間から外れていることにかっこよさを見出していた若い頃に付き合った男たちはみな過激でそれがNにとってはかっこいいと思える刺激だった。 さすがに大人になった今では、荒れていることにそこまでの魅力を感じるわけではなかったが、Nには刺激がほしかった。 Kは優しくて、旦那にするには申し分ない相手ではあったが、チョイ悪のチョの字にもあてはまらない。 しかも、Kは今まで勉強ばかりで女性と付き合った経験がほとんど無いというのだ。 逆にいろんな男とつきあってきたNは恋愛経験の乏しいKを馬鹿にする。 「付き合ったこと無いとか情けない。私と付き合いたいのなら、女の一人二人はべらすぐらいしてみてよ」 そんな難題をつきつけたのだ。 今まで恋愛をほとんどしていなかったKはこんな行き過ぎた難題に疑問を抱くことなくNに気に入られたい一身で女性を口説くことにした。 世間から見たら誰が見ても好青年なK。狙いを定めた女性Eが落ちるのにはそう時間がかからなかった。 しかし、Kは自分がNと付き合うために口説いたという罪悪感を感じる前に、Eに本当の恋心を抱くのを感じていた。 Kからの連絡がしばらく来ないことを不審に思い、まだ女を口説くのに手こずっているのかとあきれながらKに連絡をしたN。 Kから言われた言葉。 「おかげ様で彼女ができました。もう会うことはないと思いますがありがとうございました。」 Nにとって屈辱でしかなかった。 Kは自分にべた惚れだから、他の女などになびくはずがないと鷹をくくっていたため、こうもあっさりと他の女に行ってしまうNに対して怒りがこみ上げた。 しかし、以後Kとの連絡がつくはずも無く、Nは今になって、大きなチャンスを自分勝手な言動で失ってしまったことに気づいたのだった。 でも、その時はすでに手遅れでしたね。せっかく婚活サイトに登録するためにわざわざクレジットカードまで作ったのに・・・。 でも皆さんはそんな必要ありません。クレジットカードがなくても、このサイトで婚活サイトクレジットカード以外を情報収集してください。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

神戸の薬剤師がみる高齢化社会

若いうちは、学校に通ったり会社に通ったりして同じコミュニティーで生活する人同士で友達はすぐにできるものです。 仕事を辞めて主婦になった後でも、子育てをしていれば子供の学校行事などでママ友ができたりしますよね。しかし、ある程度の年齢を過ぎて会社も退職し、子供も学校を卒業してしまうと、新しい出会いの場は少なくなるのではないでしょうか。 私は神戸で薬剤師として働いているんですが、<薬剤師 求人 神戸> 薬局や病院ではたくさんご高齢の方がいらっしゃいます。 外科、内科、さらには歯医者さんでも、平日の昼間は特に高齢者だらけです。しかしそういった方々は必ずしも不健康そうには見えないし、むしろ元気そうな方も多くみられます。 待合室で長時間待っていると、かなりの確率でそういった方同士がコミュニケーションをとっているのを拝見します。 長く治療に通ううちに、顔見知りになるのでしょうか。病院では受付で名前を呼ばれることも多いですから、知らず知らずのうちにお互いに名前まで知っているということも少なくないとおもいます。待合室で待っている間はかなり暇ですし、どちらかが声をかければすぐに仲良くなってしまうのかもしれませんね。 ご高齢の方は医療費に関して負担が軽減されているということもあり、病院通いをしていても経済的にあまり負担にならないのかもしれません。だからこそ、コミュニケーションをとることのできる場所として、軽い症状でも病院に通っている、という方も実はけっこういらっしゃるのではないかと感じます。 老人のおしゃべりのために私たちの税金がつかわれているなんて!と考える方もいるでしょう。 しかし病は気からとも言いますし、病院にいくのが楽しみだと思えることも、悪いことではないような気がします。 出会いが少なくなってしまう60歳以降は、病院友達をつくってそれを生きがいにするのもアリではないでしょうか。 もちろん、できれば治療は早く終えて、病院内で作ったお友達と病院外でお話をしたりお茶をしたりできるのが一番よいですね。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ