転職サイトのおかげで産後復職も難なくクリアしました

職員が妊娠した時に、もっと思いやりの気持ちを持ってほしいな・・・と思ったある出来事についてお話します。

ベビーラッシュがやってきました。
既にうちの病棟で一人妊娠している人がいたのですが、昨日の朝礼で他のナースでも一人妊娠していることが判明しました。
それでみんなで妊娠おめでとう、という話になったのですが、色々話をしてみると、実は他の病棟でも妊娠中のナースがいることが発覚。
療養病棟で一人、上の病棟で一人、ここの病棟で一人と、病院全体で四人も妊娠中のナースがいることが判明しました!

女性の多い職場だから、タイミングが合う時だってあるんでしょうけれど、それにしてもすごい!
かくいう私も半年ほど前に出産したところなので、私も含めれば五人です! 本当にベビーラッシュ!

しかし、こうなると問題になるのが人手不足です。
ただでさえ病院はどこも人手不足と言われているのに、最低でも今年中に四人が産休に入ってしまうことが確定したわけです。
私はもう子供も三人目だし、早く働かないと生活がやっていけないということですぐに復帰しましたが、妊娠している方のうち二人は初産みたいですし、私みたいにすぐにお仕事に戻るのはちょっと大変そう。
他の二人にしたって、すぐに職場に戻ってくるかどうかは、自分や子供の体調にもよるだろうし、妊娠がいけないことではないけれど、人事をどうするかで上の方々は困っているみたいです。

女性の職場だからといって、必ずしもみんな妊娠に理解があるというわけではないようで、「なんでこの人手不足なのに妊娠なんてするの!」って直接上から言われた人もいるみたいです。
私が言われなかったのは、当時はスタッフの人数がいたからなのか、私が好かれていたからか…。
産後復職のときに、こちらの転職サイトでお世話になったのが良かったのかもしれません。
⇒⇒⇒⇒⇒看護師 求人 函館
今働いている病院は、産後のときとはまた別の病院なんですけどね。
こんな酷い事をいう方もいるんです。前の病院の方が、人柄は皆さん良かったかなぁ・・・。

なんだか嫌な気持ちになってしまいます。

人手不足なのは分かるけれど、医療職ってそもそも、思いやりの心を持っていないと成立しないものです。
いくらお仕事だからって、お金の為と割り切ってやっているわけではありません。

ナースってみんな、誰かの為になりたいと思ったから、ナースって仕事を選んだんだと思います。
それなら、周りのスタッフとか、部下のことだって思いやってほしいなぁ、って思うんです。

何にせよ、妊娠はおめでたいことです。
自分のことでもないのに、なんだかうきうきしちゃいました。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

婚活サイトで出会った高飛車な女の話

とある高飛車な女性N(36歳)はその性格ゆえに人間関係を築くことがうまくできず、職場を点々としていた。今回入社した会社もわずか10ヶ月ほどで退社。そろそろ、歳も歳なので、結婚のことも考えていたが、なかなか出会いは無く、彼女は親の知り合いの進めでお見合いをすることにした。

相手は、2つ年上のK。職業は税理士。身長も高く、イケメンとまではいかなくともさわやかな好青年だった。

物腰も柔らかく、考え方も大人。
周りの人から、外での仕事は向かないと言われていたN。
Kさんは結婚したら家庭に入って、家をしっかり守っていってほしいと言ってくれた。

デートを繰りかえすうちにKはどんどんNに惹かれていったが、一方のNはどうしてもKに対して好きという感情が生まれない。
一生一緒にいるにあたって、愛情も感じたいと思っていたNは、世間から見たら引く手あまたであろうKに何か物足りなさを感じていたのだ。
デートするたびに感じていた物足りなさ、それはチョイ悪な部分とでも言おうか。

Nは若い頃かなり荒れていて、家にも帰らず荒れていた時期があった。
その頃に付き合った男はいずれも、いわゆるヤンキーじみた男ばかり。世間から外れていることにかっこよさを見出していた若い頃に付き合った男たちはみな過激でそれがNにとってはかっこいいと思える刺激だった。

さすがに大人になった今では、荒れていることにそこまでの魅力を感じるわけではなかったが、Nには刺激がほしかった。
Kは優しくて、旦那にするには申し分ない相手ではあったが、チョイ悪のチョの字にもあてはまらない。
しかも、Kは今まで勉強ばかりで女性と付き合った経験がほとんど無いというのだ。

逆にいろんな男とつきあってきたNは恋愛経験の乏しいKを馬鹿にする。
「付き合ったこと無いとか情けない。私と付き合いたいのなら、女の一人二人はべらすぐらいしてみてよ」
そんな難題をつきつけたのだ。

今まで恋愛をほとんどしていなかったKはこんな行き過ぎた難題に疑問を抱くことなくNに気に入られたい一身で女性を口説くことにした。
世間から見たら誰が見ても好青年なK。狙いを定めた女性Eが落ちるのにはそう時間がかからなかった。
しかし、Kは自分がNと付き合うために口説いたという罪悪感を感じる前に、Eに本当の恋心を抱くのを感じていた。
Kからの連絡がしばらく来ないことを不審に思い、まだ女を口説くのに手こずっているのかとあきれながらKに連絡をしたN。

Kから言われた言葉。
「おかげ様で彼女ができました。もう会うことはないと思いますがありがとうございました。」
Nにとって屈辱でしかなかった。
Kは自分にべた惚れだから、他の女などになびくはずがないと鷹をくくっていたため、こうもあっさりと他の女に行ってしまうNに対して怒りがこみ上げた。
しかし、以後Kとの連絡がつくはずも無く、Nは今になって、大きなチャンスを自分勝手な言動で失ってしまったことに気づいたのだった。

でも、その時はすでに手遅れでしたね。せっかく婚活サイトに登録するためにわざわざクレジットカードまで作ったのに・・・。
でも皆さんはそんな必要ありません。クレジットカードがなくても、このサイトで婚活サイトクレジットカード以外を情報収集してください。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

三宮でお得な脱毛♪

夏が近づくと洋服の衣替えと共に気になるのがムダ毛。猫ちゃんやワンちゃんのようにわかりやすく脱毛してくれればなと感じるこの頃です。
まぁ、あちらはほとんど残っていらっしゃいますけどね。

私は最近三宮にあるサロンを使っての脱毛に挑戦中です。【脱毛 三宮

自己処理では剃った後にシミが目立ったり、剃り残しがあったりして何回も同じところにかみそりの刃を滑らせるのでお肌へのダメージが気になりますよね。前からしてみたいとは考えていました。

けれども、お金がね。倹約家の私にはもとからあるものをなくすために何十万も払うことに抵抗があったり、世の中にあるメリット、デメリットを正しく判断できないから失敗したときのリスクが謎すぎて。

もう時効かな。脱毛サービスが展開されて年十数たってるし大手で受けるから安全面は流石にそこまで気にしなくてもどこもしっかりしてるかなと思って始めました。

もちろん全額自分で払うなんてことはしません。覆面調査をしながらサービスを受けることで実質無料のお仕事を兼ねての脱毛です。どこのお店も無料カウンセリングを受ける=その日契約を勧められますので納得いかないときに心置きなく断れます。どこのお店も施術は同じものが多いですが、それに付随するサービスはホントにバラバラで自分の嗜好にあった、納得のいくものを提供してくれるお店を探すのに比較って本当に大事だなと実感しています。

プライベートでいったら一軒目で契約しちゃいそうな感じで気が弱いもので。
どこも同じとはいえ、スタッフさんとの相性も考えたいめんどくさい性分でして。

今は初めての脱毛から一週間がたとうとしていますが、普通に生えてきていますよ。まあ、12回は通わないといけないらしいですからね。カウンセリングの時に写真を撮ってもらって気づいたのですがうなじの毛がぼうぼうでした新発見です。

腕が終わったら今度は後ろを脱毛していただこうかしら。
商売上手のお姉さんに乗せられすぎないように脱毛に励もう。

カテゴリー: ブログ | コメントをどうぞ

神戸の薬剤師がみる高齢化社会

若いうちは、学校に通ったり会社に通ったりして同じコミュニティーで生活する人同士で友達はすぐにできるものです。
仕事を辞めて主婦になった後でも、子育てをしていれば子供の学校行事などでママ友ができたりしますよね。しかし、ある程度の年齢を過ぎて会社も退職し、子供も学校を卒業してしまうと、新しい出会いの場は少なくなるのではないでしょうか。

私は神戸で薬剤師として働いているんですが、<薬剤師 求人 神戸
薬局や病院ではたくさんご高齢の方がいらっしゃいます。
外科、内科、さらには歯医者さんでも、平日の昼間は特に高齢者だらけです。しかしそういった方々は必ずしも不健康そうには見えないし、むしろ元気そうな方も多くみられます。

待合室で長時間待っていると、かなりの確率でそういった方同士がコミュニケーションをとっているのを拝見します。
長く治療に通ううちに、顔見知りになるのでしょうか。病院では受付で名前を呼ばれることも多いですから、知らず知らずのうちにお互いに名前まで知っているということも少なくないとおもいます。待合室で待っている間はかなり暇ですし、どちらかが声をかければすぐに仲良くなってしまうのかもしれませんね。

ご高齢の方は医療費に関して負担が軽減されているということもあり、病院通いをしていても経済的にあまり負担にならないのかもしれません。だからこそ、コミュニケーションをとることのできる場所として、軽い症状でも病院に通っている、という方も実はけっこういらっしゃるのではないかと感じます。

老人のおしゃべりのために私たちの税金がつかわれているなんて!と考える方もいるでしょう。
しかし病は気からとも言いますし、病院にいくのが楽しみだと思えることも、悪いことではないような気がします。

出会いが少なくなってしまう60歳以降は、病院友達をつくってそれを生きがいにするのもアリではないでしょうか。
もちろん、できれば治療は早く終えて、病院内で作ったお友達と病院外でお話をしたりお茶をしたりできるのが一番よいですね。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

薬剤師も英語が必要なケースがあります

とある調剤薬局で、薬を待っている時の話です。
そこは、調剤薬局の中では比較的店舗が大きく、老若男女問わず、いろんな年代の方が薬を待っている状態でした。
そんな訳で、待ち時間があるのは承知の上ではありましたが、これだけは勘弁してもらいたいということが…。

小さなお子さんを連れた、30代くらいの親御さんでしょうか。
周りを気にせず、スマートフォンで話し(昔のように、そこまで規制をされている訳ではないでしょうが)、終わったかと思えば、次は画面操作に夢中で、お子さんには一切お構い無し。
お子さんが、土足でソファーに上がろうが、陳列されている商品を乱暴に扱おうが、それに対して叱ることも諌めることもなく、無関心なのか、本当に気がつかないだけなのか分かりませんが、見ていてとても不快な気分になりました。

挙げ句の果てには、商品を壊し(箱に入っている商品で、中身を出してしまったみたいでした)、さすがに親御さんも気付かれたのか、薬局の方に対して謝ってはいらっしゃいましたが、買い取りを申し出ることもない。
嘘でしょ?!と、呆れてしまいました。

その後、結局代金を支払ってはいたようですが、そもそも、ちゃんと目を配っていれば、このようなことにはならなかっただろうし、状態の程度はあれ、体調が悪くてその場にいる方がほとんどな訳で、もう少し配慮して欲しいなと思いました。
中には、本当に感心しきりのお若い親御さんもいらっしゃいます。
大概、そういった親御さんのお子さんは、落ち着いて待っていられる訳ですが、そうじゃない方に限って、こちらからお子さんに声を掛けると怪訝そうな表情になり、こちらが嫌な思いをするだけですし、それなら必要最低限のことはして欲しいものです。

そして、最近の調剤薬局では、日本語が話せない患者さんもたくさん訪れます。
もし、英語しか会話が出来ない親子がこのような迷惑行為を行ってしまうと、薬局側としては注意や対処のしようがありませんよね。
勿論、注意だけではなく、英語でおくすりの説明が必要な場面もあります。

わたしの知人に、バイリンガルで薬剤師免許も持っている方がいます。
「英語を活かせる薬剤師の求人ってあるのかなぁ」といろいろと探していたら、こちらのサイトにたどりついたそうです。※英語を活かした薬剤師求人をお探しの方はコチラ⇒http://xn--gmq12gpyni9ntx0a0odkxk.com/
その後無事に、英語を活かせる薬剤師の職場の仕事が決まったそうですよ。

わたしは相変わらず、同じ薬局に行っておりますが、今のところ、あれ以上のインパクトのある出来事に出くわしてはおりません。
一体、あの親子は何だったんだろうかと。
いつか子どもが出来ても、わたしはあのようにはなりたくないなと、強く思う出来事でした。

カテゴリー: ブログ | コメントをどうぞ

頼りになる漢方との出会い

自律神経失調症は十代後半より患いました。最初にそれを強く認識したのは夏場の体のふらつき、偏頭痛、貧血などの症状からでした。祖母や母も自律神経失調症で悩んでおりましたので、そのような系統があるのだろうと医師から言われました。その時は偏頭痛の症状がとても強く、ロキソニンを毎回、処方してもらっていました。また、軽い鬱にも悩まされていましたので、抗うつ剤の処方もありました。薬での治療だったのですが、二十代前半頃には偏頭痛の症状も軽くなり、それから3年ほどは何事もなく生活を送っていました。

しかし、二十代後半になると、次は思い生理前症候群に悩まされるようになりました。生理不順でもありましたし、偏頭痛やイライラ、吐き気なども強くなっていました。特に重い生理前症候群の症状としては下腹部痛があり、生理が始まる3日くらい前になるとギリギリとした痛みが下腹部に走り、トイレに1時間近く籠ることがありました。食欲減退もあり、夏場になると自律神経失調症の症状も表れ始め、とても辛い生理となりました。

まずは食欲関係、胃腸を整えようと思い、女性が医師を務める内科を受診することにしました。その病院では主に漢方を取り扱っており、処方されたのは胃腸系統に効果がある漢方、六君子湯でした。漢方を飲むことは初めてだったのでまずは1週間ほど処方してもらいました。薬局で漢方を初めて処方されたことを申し出ますと、薬剤師の方が丁寧に飲み方を説明してくれました。白湯に溶かして飲むこと、できれば空腹時に飲むことをすすめられました。飲み始めた頃は苦いと感じていた漢方ですが、徐々に味に慣れたこともあってか、おいしいとさえ思うようになりました。そのことを後日、薬剤師の方に伝えると、おいしいと思える漢方はあなたの体に合っているということですよ、と教えて貰いました。それからは特に漢方は体に良いのだと思いながら飲むようになり、今ではすっかり胃腸は健康的になっていると思います。事実、夏場の食欲減退が減ったのです。それらを内科医に伝えると、「漢方は東洋医学であり、ピンポイントに効果があるというよりも、体全体を健康にしていくもの。あなたの場合は胃腸から体を健康にしていけるようにと思い、六君子湯を処方しました。」とのことでした。生理痛も漢方を飲むようになってから大分落ち着いていたので、とても嬉しくなりました。

私が経験したことの中で重要だと感じたのは一人で抱え込まずに誰かに相談することの大切さにあります。自律神経失調症は完治できるものではないと思っていますし、それにはストレス解消が一番の薬だということも理解しているつもりです。誰かに相談しながら、自分の体を大切に過ごしていこうと思います。

カテゴリー: ブログ | コメントをどうぞ